診療案内

小児歯科

お子さまの気持ちに寄り添った診療
お子さまにとって歯医者さんは「怖い!痛い!行きたくない!」そんな場所になっていないでしょうか。子どもの頃に歯医者さんに通うのがイヤになると、大人になっても歯科医院は通いづらく感じてしまいます。
めばえ歯科・矯正歯科ではそんなお子さまの気持ちに寄り添って、いきなり治療に入るのではなく、まずは診療器具や歯医者さんに慣れてもらうところから始めようと思っています。
お子さまが楽しく歯医者さんに通院できるよう、キッズスペースなどの設備を整え、診療においても様々な工夫を行っております。

*

歯の生え替わりの時期は要注意!

*

乳歯は生え替わるから虫歯になっても大丈夫
その考えは、大きな間違いです
乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備をしたり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を及ぼしています。
虫歯は感染症なのでうつります。虫歯の乳歯があるお口に、抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると…当然、永久歯も虫歯になるリスクは高まります。つまり、乳歯だからといって虫歯になっても問題ないとは言えないのです。
生えたての歯はとてもデリケート
生えたての歯は、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低いことに加え、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまい汚れがたまりやすくなります。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。
また、乳歯が抜けない、永久歯がなかなか生えてこないなど…この時期特有のトラブルもつきものです。
歯の生え替わりの時期は特に注意して、大切なお子さまのお口を絶えずケアすることを心がけましょう。

*

大切なお子さまの今と、これからの健康のために

*

虫歯になりにくいお口へ
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいません。
では、なぜ虫歯になるのでしょうか?
前述した通り、虫歯は感染症です。虫歯を持つご両親が、口をつけた箸やスプーンでお子さまに食事を与えたり、硬いものを噛み砕いて与えることなどで、お子さまに虫歯菌がうつってしまうのです。
虫歯菌への感染時期を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるというデータが報告されています。つまり、今のお子さまを虫歯から守ることは、将来のお子さまのお口の健康を守ることにもつながるのです。
お子さまを虫歯から守る3つの方法
  • 1.感染源の除去
    感染源となるお母さまや周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが大切です。
    毎日の歯磨きに加え、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。
  • 2.感染経路の遮断
    虫歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトールを活用して、安全なスキンシップを心がけましょう。特に、無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品がお勧めです。
  • 3.抵抗力の強化
    歯質が弱く免疫力の低いお子さまの歯を守るために、歯科医院での歯磨き指導を受けたり、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)などを活用しましょう。
  • *

    歯みがき指導

  • *

    シーラント填塞

  • *

    フッ化物の活用

大人は我慢できることでも、子どもにとっては大変です。治療の後はたくさん褒めてあげてください。

診療科目

  • いつまでも健康な歯を「予防歯科」
  • 歯の免疫力をアップ「小児歯科」
  • 矯正認定医による「矯正歯科」
  • 痛みの少ない治療「一般歯科」
  • より魅力的な笑顔へ「審美歯科」
  • 白く輝く歯をご提供「ホワイトニング」
  • 快適な生活のために「義歯(入れ歯)」
  • 自然な噛み心地「インプラント」
  • 徹底した院内感染予防を可能にする高性能な「衛生設備」
  • 安心して受診していただくために「診療設備」
  • めばえ歯科・矯正歯科「お知らせ・ブログ」
ページの先頭へ戻る