診療案内

義歯(入れ歯)

お口に合わない不快な入れ歯で
お困りではありませんか?
現在お使いの入れ歯に対する不満や心配、悩み事も「入れ歯だからしょうがない」とあきらめていませんか?
合わない入れ歯をずっと我慢して使っている方へ。
めばえ歯科・矯正歯科では、あなたのお口にフィットする精密なオーダーメイド入れ歯をご提供し、自然な笑顔と快適な生活を取り戻していただきたいと考えています。
完全個室のカウンセリングルームで、他の方の視線を気にせず、今までの入れ歯のご不満な点やこれからのご要望など、安心して何でもお聞かせください。

痛い・ずれる・咬みにくい・落ちる

入れ歯(義歯)の種類

ご希望に合わせて最適な入れ歯をご提案します!
入れ歯には保険適用のものと保険適用外(自費)のものがあります。また、部分的に歯を失った場合は部分入れ歯、すべての歯を失った場合は総入れ歯となります。
お口の状態を確認した後、ご希望に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。

部分入れ歯:保険適用と適用外の場合

部分入れ歯
部分的に歯を失った場合や、なくなった骨の一部を補うための治療法です。粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床(しょう)の上に人工歯を乗せて支え、残っている歯にクラスプ(留め具)で固定します。
樹脂の人工歯および床と金属のクラスプの部分入れ歯は保険適用となりますが、保険適用外(自費)では目立たない白いクラスプを使用したものやノンクラスプデンチャーもお選びいただけます。

総入れ歯:保険適用と適用外の場合

総入れ歯
上下のどちらかのあごで自分の歯がまったくない場合に行う治療法です。総入れ歯は、床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂)の上に人工歯が並んでいていて、粘膜の吸着力で維持させます。
保険適用ではプラスチックの人工歯および床しか使用できませんが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。保険適用外(自費)ではセラミックの人工歯や金属床などご要望に合わせた素材をお選びいただけます。
保険適用の入れ歯
  • 人工歯と床(しょう)の素材はプラスチック(レジン)のため変色する可能性がる
  • 部分入れ歯は金属のクラスプ(留め具)なので見た目に違和感を感じる場合がある
  • 床の素材がプラスチックのため一定の厚みが必要で違和感を感じる場合がある
メリット
主な素材はプラスチックですので費用負担を抑えられます。
また、破損が生じても修理が容易です。
デメリット
床の素材がプラスチックのため臭いや汚れが付きやすく、長期間の使用で変色やすり減りが起こりやすくなります。また一定の厚みが必要となり、そのため強く違和感を感じることもあります。総入れ歯の場合は、プラスチックの面積が広がるため、食べ物の味や温度がわかりづらくなることがあります。

*

保険適用外(自費)の入れ歯
  • 臭いがつきにくい素材や丈夫な金属など、素材を選択できる
  • 目立たない白いクラスプ(留め具)を使用できる
  • ご要望に合わせてオーダーメイドの精密な入れ歯を作ることができる
メリット
保険適用での入れ歯のデメリットをカバーし、使い心地や見た目を追及することができます。
噛む力があり、何でも食べられ、違和感が少ないなど、安定感に優れています。またクラスプ(留め具)が目立ちくいように、白いクラスプを使用することができます。
デメリット
全額自己負担で受けていただく治療ですので、費用負担が大きくなります。

*

メンテナンスについて

*

定期的なメンテナンスで長持ちします!
できるだけ長く入れ歯をお使いいただくために、毎日入れ歯を洗浄して清潔にしましょう。また、お口の健康を維持するための予防も必要です。毎日の歯磨きをすることはもちろん、定期的に歯科医院でクリーニングすることをお勧めします。使い心地に問題が無ければ大丈夫と思われるかもしれませんが、汚れが溜まると口臭の原因になったり、土台になっている歯が歯周病になって抜けてしまいます。そうすると、入れ歯を作り直すことになります。残った歯を守るためにも、入れ歯を快適に使い続けるためにも、定期検診でメンテナンスを受けることを心がけましょう。

診療科目

  • いつまでも健康な歯を「予防歯科」
  • 歯の免疫力をアップ「小児歯科」
  • 矯正認定医による「矯正歯科」
  • 痛みの少ない治療「一般歯科」
  • より魅力的な笑顔へ「審美歯科」
  • 白く輝く歯をご提供「ホワイトニング」
  • 快適な生活のために「義歯(入れ歯)」
  • 自然な噛み心地「インプラント」
  • 徹底した院内感染予防を可能にする高性能な「衛生設備」
  • 安心して受診していただくために「診療設備」
  • めばえ歯科・矯正歯科「お知らせ・ブログ」
ページの先頭へ戻る